カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の67件の記事

2018年2月23日 (金)

同業者とは交流しない

Hawaii028

続きを読む "同業者とは交流しない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

欲望が消えてゆく

Ise0841

続きを読む "欲望が消えてゆく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

書評やレビューの基本姿勢について

書評するひとは、姿勢はワインのソムリエと同じなのだろうと思います。

ソムリエは、どのようなワインであっても、
必ず美点を見いだして、そのワインを飲みたくなるように言葉を尽くします。

書評をおこなうひとも、
その書物の美点を見いだして読みたくなるように言葉を尽くすものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

森に住むのは神か魔物か?

ヨーロッパでは、森は魔物が住む所であって、迷い込むと危険であると考える。

 

そして大自然は、人間にとって征服すべきものであるという。

 

 

 

しかし日本人にとっては、森は神が降臨し、依り在(ま)す所であり、様々な恵みをもたらすと考える。

 

だから大自然は、日本人にとって共存すべきものである。

 

 

 

──この価値観の対比は、以前から承知していた。

 

ところが、隣国の韓国・中国も、どうやらヨーロッパと同様の価値観であるようだ。

 

 

 

呉善花拓殖大学教授の講演「外から見る日本文化」のなかの発言で再認識した。

 

「韓国は儒教がイデオロギーになっている。『万物の頂点に人間がいる。自然は人間が支配する。万物は人間のためにつくられた。人間のみが神がつくった。』という考え。キリスト教と似ている。」(「四宮政治文化研究所 」より抜粋)

 

 

 

──そうか、だから彼らは木を伐ることに躊躇しないのだ。

 

なんと傲慢な思想だろう。

続きを読む "森に住むのは神か魔物か? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

もうすぐ春。やっと生きた心地がする。

Haru_diet02

続きを読む "もうすぐ春。やっと生きた心地がする。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

きみは骨壺に入りたいか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E5%A3%BA

続きを読む "きみは骨壺に入りたいか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

わが家の玄関がお正月仕様になりました。

26056112_1643291235716988_683159767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

陰極まって陽生ず

冬至とは、冬の最後の日。明日から春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

新しいフライパンを買わなければ。どれがいいんだろう?

迷うな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

私は貴乃花の味方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧