« いま、私が最も関心を抱いているのは「シンギュラリティ」である。 | トップページ | 新刊『東京ミステリー』見本到着。16日発売です。 »

2019年2月28日 (木)

【幻の富士山】

 富士山は、実は『古事記』にも『日本書紀』にも、まったく出てきません。
 不二山、不死山、不尽山、福慈山など別名も含めて皆無です。
 存在したという気配さえもありません。 
 日本人なら、この「事実」に驚かない人はいないでしょう。
 日本および日本人の歴史・文化は「富士山と共にある」と思っているからですよね。しかも、それはまぎれもない「事実」だからです。
 富士山と共に歩んできた日本・日本人という事実と、記・紀に登場しないという事実──この矛盾、一体全体どうしたことでしょう? 何が起きたというのでしょう?
 富士山が現在のような美しい山容(姿形)となったのは、おおよそ一万年前とされているので、記・紀が成立した当時──八世紀には、日本国内ではあまねく知られていたことは間違いありません。
 そればかりか、海の向こうにさえもかなり古くからその存在は伝わっていたようです。おそらく紀元前に、すでに大陸沿岸部や半島には知られていたと考えられます。
 しかしなぜか、わが国の最古の史書である記・紀は完全に無視しているのです。
 記・紀が編纂された時代は八世紀ですから、「知らなかった」などとは到底考えられません。
 ということは、「知っていたのに記載しなかった」のでしょう。
 現に、同時代の歌を集めた『万葉集』には富士山が数多く歌われているのです。
 田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける
 
 ほぼすべての学校教科書に掲載されている山部赤人(やまべのあかひと)の歌です。
 ちょっと編集したものが『百人一首』にも入っているので、皆さんお馴染みですね。
 赤人は天平八(七三六)年頃に没したとされるので、それ以前の歌ということになります。
『万葉集』では、他にも数多くの歌に富士山は詠まれています。
 また、ほぼ同時代の養老年間(七一七~七二二)に成立した『常陸国風土記』には「福慈岳(ふじのたけ)」と記載されていて、富士山にまつわる神話が紹介されています。
 いずれも、当時の日本人が富士山の存在をよく知っていたという証しです。
 それなのに記・紀は一切触れていません!
『古事記』は七一二年、『日本書紀』は七二〇年の成立ですから、万葉や風土記と同時代なのに、です。
 これはいったいどうしたことなのでしょう。
 ヤマトタケルは、『古事記』は相模で、『日本書紀』は駿河で火攻めに遭遇して草薙剣で薙ぎ払って窮地を脱するという有名なエピソードが記・紀それぞれ語られます。しかし、どちらも富士山は出てきません。ヤマトタケルの視界にイヤでも入っていたはずなのに、です。
 富士山本宮浅間大社の祭神であるコノハナサクヤヒメは、オオヤマツミの娘として、またニニギの妻として記・紀ともに登場しますが、富士山との関わりは一切出てきません。
 いずれも、なんとも〝不自然〟ではありませんか。どちらも〝意図的に〟避けているとしか思えませんね。
 富士山の存在を認めさせる神社も各地にあって、しかもそれらは記・紀の編纂よりはるかに古くから鎮座しています。
 伊勢の内宮はその代表です。
 内宮は富士山を前提に設計されているのです(詳細は本文にて)。
 つまり富士山信仰はすでに古くからあったのに、記・紀にはなぜかまったく記載されていないということなのです。
 これはいったい、如何なる理由によるものでしょう。
 私はこの謎を突き詰めて行くうちに、解答は一つしかないのではないかと考えるに至りました。
 すなわち、富士山は「禁忌(きんき)」(taboo)であったのではないか、と。
 歌には詠まれても、また地方の記録には登場しても、「朝廷の史書」では触れることさえできない禁忌(タブー)であったのだろうということです。つまり「政治的禁忌(タブー)」あるいは「宗教的禁忌(タブー)」です(古代ではこの二つは一体で、「まつりごと」と総称します)。
 ヤマト朝廷には、富士山に触れてはならない重大な理由があった!──それが私の到達した解答です。そしてそれ以外にこの謎を説明することは不可能でしょう。
 公式の史書に初めて「富士山」が登場するのは『続日本紀』(七九七年成立)の天應元年(七八一)の条です。
『日本書紀』成立(七二〇年)から七十七年経っています。
 つまり、この間に「富士山の禁忌(タブー)」が解消されたということになります。
 この間に何があったのか、真相を知るには、それも大きな手掛かりです。
 ここであらためて指摘しておきますが、「フジ・サン」はヤマト言葉ではありません。漢語であり漢音です。
 もし富士山をヤマト訓みするのであれば「富めるもののふのやま」ということになるでしょうか。
 しかし「富士」は好字令(七一三年)によって選ばれた吉字ですから、「フジ」あるいは「フヂ」という発音がすでにあったということです。
 ただ、それがたとえ不二、不死、不尽、不知などの表記であろうとも、いずれも漢語であって、「fu-ji」という発音を基盤にした当て字ということになります。
 そもそも「フジ」という呼び名自体が漢語音であるとするならば、呼び名自体も新たに付けられたものであって、それ以前に土着の呼び名があったはずです。
 これだけの突出した山岳が聳えていて、呼び名の存在しないはずがないのですから。
 とすれば、古くは別の呼び名があって、ある時期に「フジ」という呼び名が与えられたことになります。
「フジ」山が禁忌とされた理由も、この辺りの事情に由来するのかもしれません。
 本書は、その「秘密」を解き明かすのが目的です。どうやらそれは、私たち日本人のルーツに関わる「秘密」でもあるようです。
 富士山が禁忌(タブー)であったとするならば、それはなぜか。
 また、その後、禁忌が解除されたからこそ、日本人のすべての人口(じんこう)に膾炙(かいしや)する(人々が口にするようになる)こととなるわけですが、どうして解除されたのか。そこに何があったのか。 ──あなたの知らない「富士山の秘密」へとご案内しましょう。
(『富士山、2200年の秘密』かざひの文庫 「まえがき」より)

Fujisan01_2

|

« いま、私が最も関心を抱いているのは「シンギュラリティ」である。 | トップページ | 新刊『東京ミステリー』見本到着。16日発売です。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【幻の富士山】:

« いま、私が最も関心を抱いているのは「シンギュラリティ」である。 | トップページ | 新刊『東京ミステリー』見本到着。16日発売です。 »