« 大雪から一夜明けて。 | トップページ | もうすぐ春。やっと生きた心地がする。 »

2018年1月31日 (水)

きみは骨壺に入りたいか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E5%A3%BA

誰でも死ねば、火葬されて、粉々の骨片となり、骨壺に収納される。

そしてその骨壺は、墓石の下の空洞──カロウト(唐櫃)というらしい──に納められて、以後永遠にそのままとなる。

墓石の下の空間は、いつも湿っていて、真っ暗闇だ。

その暗闇の中の、さらに骨壺という密閉容器に押し込められて、もう誰も開くことがない。

まるで、祟りなすものを封印するかのようではないか。

でもそれが、私たちの最後にたどり着く姿である。

──そんなの、私は、ごめんだな。

|

« 大雪から一夜明けて。 | トップページ | もうすぐ春。やっと生きた心地がする。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/66341901

この記事へのトラックバック一覧です: きみは骨壺に入りたいか?:

« 大雪から一夜明けて。 | トップページ | もうすぐ春。やっと生きた心地がする。 »