« LINEの株主 | トップページ | 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑦拝殿 »

2016年6月13日 (月)

プチ断食のすすめ(前編)

41nv10zggkl__sl500_aa240_

私たちは、食い過ぎである。
たまには食べるのをやめてみよう!

暴飲暴食だと言っているのではない。
そもそも日常の食生活が過剰なのだ。
普通に生活している人、とくに肉体労働をしていないすべての人に言えることだが、
現代人の生活スタイルでは、一日に三食摂る必要はない。
にもかかわらず高カロリー高タンパクの飲食を、朝昼晩摂り続けている。
これではメタボ高速道一方通行まっしぐらというものだ。

「朝飯をしっかり食え」という助言は、その直後にハードな肉体労働が控えている場合のことだ。
デスクワークや主婦、学生など、しっかり食ったら、とてもそれだけのエネルギーを午前中に消費できない。
脳の活動に必要な栄養素は糖分のみであるのだと知っておかなければならない。
朝は角砂糖でも口に含めば十分なのだ(ジャン・コクトーは実際にそうしていた)。

そしてすぐに昼食である。
昼時にはオフィス街は一斉に食事が始まるのだが、みんな本当に空腹なのだろうか?
そんなに都合良く、同時に空腹になるものだろうか?
むろん、そんなはずはないだろう。

でも目の前に食事があれば、食べられる。
とくに空腹でなくとも、人間の身体は食べられるようにできているのだ。
人体には、古い記憶が織り込まれていて、飢餓に備えて蓄える機能もある。
したがって、過剰な飲食はほとんどが脂肪に変換されて蓄積されるのだ。
しかも、その蓄積能力はほぼ無限である。
つまり果てしなくデブになる。
だから昼食は、盛り蕎麦一杯かおむすび二個くらいが適当だ。
昼食に食べ過ぎた人は、身体は怠くなり、眠気に襲われる。
すなわち仕事も勉強もできるはずがないのだ。

三時に間食までするなど言語道断!
甘味を求めるのはストレスである。
ストレス解消に栄養分は不要である。
どうしてもというならば、氷砂糖のような純粋な糖分に近い物を口に含むのが良いだろう。

そして夕食は、夕暮れと共に摂るべし。
現代人は蓄える必要はないので、その日に費消した分を補給する、というのが夕食の主旨である。
たくさん活動した人はそれだけの食事を摂れば良い。
あまり活動しなかった人は、少し控え目に。
空腹感というのは、それを知らせる信号である。

栄養補給は夕食主体であるべきだが、食後三時間は眠ってはならない。
胃における消化が不十分で、様々な弊害を誘発するからだ。
そうすれば翌朝は、驚くほど爽やかにすっきりと目覚めることができるだろう。
そしてコップ一杯の水を飲むことである。

──話が長くなって「プチ断食」まで到達しなかったので、ここまでで一旦区切って、本論は次回にしよう。

|

« LINEの株主 | トップページ | 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑦拝殿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

戸矢の意見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/46846483

この記事へのトラックバック一覧です: プチ断食のすすめ(前編):

« LINEの株主 | トップページ | 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑦拝殿 »