« 鎮守の森と愛国心-----里山を懐かしく思う日本人の心情について | トップページ | 「眉目秀麗」は永遠の真理? »

2015年3月28日 (土)

なぜ「中国の歴史書」で日本の古代史を検証するのか

 日本の古代史を検証するのに、もっぱら中国の文献資料に頼るのはどうしたことかと思っているひとも少なくないに違いない。かくいう私も、かつて歴史を学び始めた頃にそう思っていた。日本の歴史なのだから、まず第一に日本の資料を精査すべきではないか、と。
 しかし残念ながら日本の文献資料(歴史書)には八世紀以前のものがない。最古の文献が『古事記』で712年、『日本書紀』で720年である。残念なことにそれ以前のものはすべて失われてしまった。手掛かりになるものは、「考古学資料」しかないのだ。
 なお、隣国・朝鮮の文献はさらに頼りにならない。『日本書紀』に参考文献として書名の上がっている「百済三書(「百済記」「百済新撰」「百済本記」の総称)」が失われたのは残念なことだが、それ以前には文献はなく、それ以後もない。現存する最古の歴史書は『三国史記』で1145年成立であるから、まったく参考にならない。韓国朝鮮は、むしろ日本の文献によって自分たちの古代事情を学んでいるありさまだ。
 ところが中国には、はるかに古い歴史書がいくつも存在する。とはいっても一般読者には『三国志』くらいしか馴染みがないと思うので、ここで簡単に紹介しておこう。『史記』に始まる歴代の歴史書を総称して「二十四史」と呼ぶのだが、日本の古代史に関わりが深い唐代以前の一五書を列挙しておこう。書名の後に編纂者名、成立年を付した。

『史記』司馬遷 紀元前91年
『漢書』班固 82年頃
『三国志』陳寿 紀元290年
『晋書』房玄齢・李延寿 648年
『後漢書』范曄 445年
『宋書』沈約 490年頃
『南斉書』蕭子顕 537年
『梁書』姚思廉 626年
『陳書』姚思廉 636年
『魏書』魏収 554年
『北斉書』李百薬 636年
『周書』令狐徳フン 636年
『隋書』長孫無忌 656年
『南史』李延寿 659年
『北史』李延寿 659年

 すでに紀元前に『史記』が成立しているというのは驚くべきことで、『古事記』より800年以上も前である。
『漢書』でも82年頃成立だから、650年近く以前だ。
 しかも重要なことは、これらのほぼすべてに、日本と関わりのある記事が記されているということだ。
 ここに挙げたものは中国の正史、すなわち国家によって編纂された歴史書であるが、これ以外にも『論衡』『山海経』『翰苑』などがある。それらもやはり記・紀より古く、そして日本(倭人・倭国)についての記述がある。
『漢書』および『論衡』は、ともに一世紀に成立した文献であるが、すでにその時代に「倭人」「倭国」との認識が見える。始まりはいつ頃か判然しないが、少なくともこの直前の時代、つまり周王朝(紀元前1046年ごろ-紀元前256年)の時には「倭」と呼ばれていた(あるいは名乗ってもいた)と確認できる。
 わが国が「倭」から「日本」へ呼称を代えるのは八世紀のことであるから、おおよそ一千年間は「倭」と呼ばれていたということが、中国の歴史書からわかる。そして同時に、当初から江南地方(呉越地方)と往来交流があり、とくに関わりがあったことをうかがわせる。

|

« 鎮守の森と愛国心-----里山を懐かしく思う日本人の心情について | トップページ | 「眉目秀麗」は永遠の真理? »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/48540528

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ「中国の歴史書」で日本の古代史を検証するのか:

« 鎮守の森と愛国心-----里山を懐かしく思う日本人の心情について | トップページ | 「眉目秀麗」は永遠の真理? »