« 富士山の秘密──記・紀に登場しない〝神の山〟、秘められた究極の謎を解く | トップページ | IMFの「日本再建プログラム=ネバダ・レポート」…これが財政破綻後の日本の姿!? »

2014年11月 8日 (土)

生涯の、わが酒量

Fujisan001

 一日平均3合の酒を呑むと、一年で1095合になる。
すなわち197リットル。
ドラム缶が約200リットルだから、ほぼそれくらいの量を毎年呑んでいることになる。

多いと言えば多いが、少ないと言えば少ない。

生涯に60年間呑み続けるとして、ドラム缶60本。
1万2000リットルである。

25mプールの容量が、約40万リットルだから、その30分の1にも達しない。
そう考えるとたいした量ではないよなあ。
人体の卑小さを思い知らされる数字だ。

|

« 富士山の秘密──記・紀に登場しない〝神の山〟、秘められた究極の謎を解く | トップページ | IMFの「日本再建プログラム=ネバダ・レポート」…これが財政破綻後の日本の姿!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/43919871

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯の、わが酒量:

« 富士山の秘密──記・紀に登場しない〝神の山〟、秘められた究極の謎を解く | トップページ | IMFの「日本再建プログラム=ネバダ・レポート」…これが財政破綻後の日本の姿!? »