« 日本人にとって「懐かしい風景」とは? | トップページ | 素晴らしい富士山をありがとうございました! »

2014年9月27日 (土)

サッカーには哲学がない!

600pxsoccer_ball_svg サッカーのコーチも務めているという剣道の師範が、
「サッカーには哲学がないんですよね」と言っていた。
「ただ自分勝手なだけで、困ったスポーツなんですよ」と。

剣道では、一本取った瞬間にガッツ・ポーズをすると、即座にその一本は取り消される。
勝って、奢らず。勝者は敗者を思いやる。──それが哲学だ。
ほんの一例に過ぎないが、「武道」にはそういった哲学が明確に備わっている。

これにに比べると、「スポーツ」というものは教育的にはまことによろしくない。
対戦相手をあざむき、審判をあざむき、勝ちさえすればいいことになっている!
スポーツには道理も美徳もまったくない。卑怯未練な奴がスポーツでは勝者になる!
潔(いさぎよ)いと敗者にさせられてしまう。

サッカー選手の反則は、ともすればコートの外では犯罪行為になるだろう。
しかも、反則を犯しても「やってない」とアピールするのが当たり前で、
審判にさえバレなければ「もうけもの」という思想!
こういうスポーツを学校でおこなってはならないだろう。
やるならば、どこか場末の無法地帯で、一般人立入禁止でおこなうべきではないのか。

サッカーはイギリスで生まれたが、
ケンブリッジ大学にもオックスフォード大学にもサッカー部はない。
「サッカーはワーカー(労働者階級)のものだから」
と、友人のイギリス人がかつて言っていた。
まあ、あの国は貴族階級と労働階級が一目瞭然、姿形で分かってしまうほど文化ギャップの顕著な国だからなぁ。

|

« 日本人にとって「懐かしい風景」とは? | トップページ | 素晴らしい富士山をありがとうございました! »

心と体」カテゴリの記事

戸矢の意見」カテゴリの記事

コメント

私はスポーツにはとんとウトいので知らなかったですが、サッカーでは、反則を犯しても「やってない」とアピールするのが当たり前で、審判にさえバレなければ「もうけもの」という思想!なんですか。
ケンブリッジにもオックスフォードにもサッカー部はないんですか。へぇー。
テレビの実況アナウンサーが「ゴーーーールーーっ!!」と絶叫しているのを横で見ていていると、ウルサイばっかりで何かなじめない気分です。

投稿: Shochan31 | 2014年7月10日 (木) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/45176950

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーには哲学がない!:

« 日本人にとって「懐かしい風景」とは? | トップページ | 素晴らしい富士山をありがとうございました! »