« 「御霊信仰(ごりょうしんこう)」について | トップページ | ■熊野三社の本来の姿とは »

2013年4月 4日 (木)

はるか古代から祀られている怨霊神

 そもそも怨霊を神として祀る信仰そのものは、はるか古代から連綿として日本人の心情に深く存在する。だから平安時代を画期とする必然性はまったくない。それを「御霊信仰」と名付けた者が勝手に区切ったにすぎない。すでに語彙・用語として定着しているので私も便宜的に用いるが、本質的には「平安時代に限定されない」のだということを承知しておいていただきたい。
 たとえば「天皇」という称号は天武天皇によって発案されたものだが、天武天皇より前に天皇に相当する大王は代々存在している。呼び名こそ異なるものの本質的に同じものである。現存する最古の歴史書である『日本書紀』では天武帝以前も天皇号を用いていることもあるが、それは書紀が天武帝以後に編纂されたものであるからにすぎない。時には天皇号と大王号が混在することもあるが、その場合は、より古い大王号であったと解釈すればよい。
 また、「日本」という表記は厩戸皇子によって発案されたものだが、それ以前に日本国はもちろん存在している。かつてはそれを「やまと」と読んだはずだが、いつの間にか「にっぽん」になった。
 同様に「御霊信仰」も、語彙は平安期に発案されたものだが、その概念に当てはまる信仰形態ははるか以前よりあるということだ。
「御霊信仰」という語彙を作り、ことさらに概念規定されたために、あたかもそれ以前には御霊信仰がなかったかのような誤解をもたらす結果となっている。歴史学を学ぶ人の中にさえ、それを信じている人が少なからずいるのだから概念語を作ることの功罪の典型かもしれない。(『怨霊の古代史』より)

|

« 「御霊信仰(ごりょうしんこう)」について | トップページ | ■熊野三社の本来の姿とは »

歴史」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/57103071

この記事へのトラックバック一覧です: はるか古代から祀られている怨霊神:

« 「御霊信仰(ごりょうしんこう)」について | トップページ | ■熊野三社の本来の姿とは »