« 法隆寺に封印された怨霊は誰なのか。その正体が明らかに… | トップページ | 皇位継承の危機は去ったのか? »

2011年10月27日 (木)

記・紀の神々は「実在」した、すなわち「歴史上の人物」である。


 

 日本の根元の神を問われれば、多くはアメノミナカヌシ(天御中主神)やカミムスヒ(神産巣日神)などを挙げるかもしれない。それは日本神話の始源に登場する独り神、つまり無性別神である。

 独り神であるがゆえに、かれらは「神生み」をおこなわない。

 その役割は、イザナギ・イザナミという夫婦神の誕生まで待たなければならない。

 そして、この夫婦神から私たちの日本は始まるのだ。すなわち、それが私たちの「根元の神」であり「祖先神」である。

 しかし私は、この定義に敢えて異を唱えて、「根元の神」という概念を「系譜の始まり」としてとらえたい。ただ、何をもって「根元」というかは人それぞれであって、まして神を指し示すとなれば、異論は少なくないだろう。

 そこで私は、ここに一つの提案をおこなおう。

「実在した神」すなわち、歴史上の特定の「人物」をもって比定できる神をもって根元ととらえたい。

 イザナギはイザナミとまぐわうことによって多くの神々を生むのだが、最後に「火の神・カグツチ」を生んだために、イザナミはホトを焼かれて死んでしまう。

 その後、イザナギは黄泉の国へイザナミに会いに行くのだが、その再会と再度の離別の経緯はさておいて、逃げ帰ったイザナギはアワギハラで禊して身を清める。──その際に、とくに尊い神を生むのだが、私はそれを「根元神」とよびたい。

 これ以前の神は「観念としての神」であり、一種の「精霊神」であろう。

 イザナギ・イザナミ二神はすべての国土と、それを統治する多くの神々を生むが、この二神を実在とするのは無理だろう。国生み・神生みのすべての源を一組の夫婦神ということにしたのは、思想である。神話創造の一つの典型が、ここにある。

 しかしその後の展開は、まったく次元が異なる。その後の日本神話は、単なる空想物語ではなく、一種の「叙事詩」であると私はとらえている。

 したがって、神話叙述の合理的な解釈をおこなえば、古代における事実関係等々が浮かび上がってくるはずである。

 その解釈の鍵になるのが古代人たちの「思想」だ。

 彼らが神というものをどうとらえていて、いかなる理由があれば神と認めたのか。天つ神・国つ神という「神の区別」はいかなる理由によってなされたのか。それによって神話の中の神々の「誕生の所以」が判明し、「神話の意味」もおのずから明らかになるだろう。

 神道は、すべての人が死しては神になるという思想である。つまり私の先祖もあなたの先祖も誰もが皆、代々死しては神となって祀られているということだ。

 この思想は古来、日本人の民族思想として貫かれてきたものだ。

 中世から戦国期にかけては、一部の人々が仏教に帰依するものの、依然として日本民族の基軸思想は神道(随神道、かむながらのみち)にあった。その証左が全国にくまなく鎮座する神社である。

 ただ、例外は江戸期の一六六四年から明治維新までの二百年余である。この間の数代が、死しても神になれなかった。というのも、周知のように総人口の九割以上が幕府によって檀家制度・寺請制度を強制されたため、死すればホトケになるものとされたからである。

 しかし明治五年、神仏分離令の発布により再び古式に復することとなる。

 

 こうして継承されて来た神道の思想によれば、記・紀の神々も同様に、私たちの祖先であって、死して後に神として祀られたと考えるのが当然というものだろう。

 もしそれを「観念上の神」とするなら、かえって私たちの血脈をそこで途絶えさせることになる。

 私たちは祖先を敬うという民族気質・民族文化を保有しており、いつの時代においてもそうであったはずである。もちろん古代においても祖先を敬った。その祖先とは観念ではなく、文字通り血脈の祖先である。私たちの血脈は、ある時突然発生したはずもなく、もちろん観念から産まれたわけではなく、当然ながらどこまでも続く血脈である。

 そして、この思想を大前提とすることによって、神話の中に少なくない系譜不詳の神々もその姿がよりはっきりと見えてくることになる。ヒルコはさしずめ、その第一番手であろう。天神でありながら流され棄てられた神とは誰なのか。

 神々は実在したという前提から考えると、日本神話の中の多くの真相が見えてくる。

 たとえばスサノヲの降臨伝承も、解き明かすための突破口がここにある。スサノヲは新羅の曽尸茂梨に降臨したが、その地に留まることを欲せず、すぐに船を仕立てて出雲へ渡ったと記されている。

 この伝承をもって、スサノヲは新羅人であって、それがヤマトへ渡って武力統一したという解釈が横行している。しかしはたしてそうだろうか。スサノヲが実在した人物であると考えれば、新羅へは何処からかやってきて、一時的に滞留したが、新羅という土地・人を好まず、すぐに通過して日本へ来たと解釈するのが理にかなっているだろう。

(『ヒルコ』河出書房新社刊 第一章より抜粋)


|

« 法隆寺に封印された怨霊は誰なのか。その正体が明らかに… | トップページ | 皇位継承の危機は去ったのか? »

歴史」カテゴリの記事

氏神」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/53093718

この記事へのトラックバック一覧です: 記・紀の神々は「実在」した、すなわち「歴史上の人物」である。:

« 法隆寺に封印された怨霊は誰なのか。その正体が明らかに… | トップページ | 皇位継承の危機は去ったのか? »