« ★北向きの鹿島神宮は何を示唆するか | トップページ | 「ご冥福」を「お悔やみ」に書き換えました »

2011年4月11日 (月)

小野さんの氏神

 小野一族は多くの文人・官人を輩出し、歴史にその名をとどめています。遣隋使として知られる小野妹子や遣唐使の小野石根、また遣唐副使の小野篁なども歴史の教科書には必ず登場する人物です。また三蹟の一人として知られる小野道風は篁の孫、六歌仙の一人としても「絶世の美女」としてもあまりにも有名な小野小町は、篁の曾孫です。
 その小野さんの氏神は、滋賀県大津市の小野神社です。すでに延喜式の神名帳に「滋賀郡大三座の内小野神社二座、名神大社」とあるほどの古社です。
 小野神社の祭神は、天足彦国押人命と米餠搗大使主命の二神。天足彦國押人命は、第五代孝昭天皇の第一皇子であり、小野一族の先祖です。また餅および菓子の匠・司の始祖ともされています。米餠搗大使主命は、それから七代目にあたります。
 天足彦国押人命は、孝昭天皇と尾張国の連の娘・余曽多木比命との間に生れた第一皇子で、春日、大宅、栗田、小野、栃木、大阪、安濃、多岐、羽栗、都怒山、伊勢、飯南、一志、近江の国造の祖であると『古事記』に記されています。 
 すなわち、大和朝廷成立以前に、滋賀、京都、大阪、奈良、三重、愛知に至る地域を支配していた氏族であったということです。
 全国各地の小野という地名や、小野という姓氏の発生地とされています。
 なお境内に、小野篁、小野道風、小野妹子をそれぞれ祭神として祀る神社もあります。
 東京の下谷にも、小野篁を祀る小野照崎神社があります。
 小野篁は、平安初期の学者、歌人として知られていますが、官人としても大きな役割を果たしています。下野国へ赴任した際には、わが国で最初の学校となった足利学校を創立しています。「令義解」を撰し、また「経国集」「和漢朗詠集」「扶桑集」「本朝文粋」等を残しています。
 百人一首「わだの原、八十嶋かけて、漕ぎいでぬと、人には告げよ、海士のつり船」の詠み人であり、学問の神として広く尊崇されています。(以下、略)
(『氏神事典』河出書房新社 より)

|

« ★北向きの鹿島神宮は何を示唆するか | トップページ | 「ご冥福」を「お悔やみ」に書き換えました »

歴史」カテゴリの記事

氏神」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/51358488

この記事へのトラックバック一覧です: 小野さんの氏神:

« ★北向きの鹿島神宮は何を示唆するか | トップページ | 「ご冥福」を「お悔やみ」に書き換えました »