« 福島県よりの緊急アピール  首都圏のために福島県が壊滅する | トップページ | 小野さんの氏神 »

2011年3月28日 (月)

★北向きの鹿島神宮は何を示唆するか

「鹿島神宮の神宝は「十握剣(とつかのつるぎ)」である。なんと、271㎝もの長さの直刀で、茨城県で唯一の国宝に指定されている。宝物館で常時展示されているので誰でも見ることができる。十握剣は、初めて見る者を必ず瞠目させ圧倒する。
 三種の神器の一つである草薙剣は熱田神宮の本殿に厳重に納められていてもちろん一般に見ることはできない。その代用とされる宮中の神器も同様である。須佐之男命がヤマタノオロチを退治した際にその尾の中から獲たとされるものである。
 そしてその尾を切り裂いた、つまりヤマタノオロチを退治した須佐之男命の愛用の剣こそは十握剣である。鹿島神宮のものがオリジナルか否かは不明であるが(石上神宮の七支刀がそれであるとも云われる)、工芸品としても第一級のものであるのは国宝として指定されていることでも明らかだ。
 しかし、ヤマタノオロチの体内から出てきたものが三種の神器となっていて、須佐之男命が用いたものがここにあるのだとすれば。これは本末転倒ではないだろうか。
 そしてなによりもここ鹿島神宮の神宝となっているのが謎めいている。鹿島神宮は、藤原氏の氏神なのである。
 奈良時代この方、日本の実質的な支配者であるとも言われる藤原氏。
 その原点は、日本人なら誰もが知っている歴史的な政変「大化改新」で鮮烈なデビューを飾った中臣鎌足(なかとみのかまたり)である。一族の始祖である鎌足が、中大兄皇子に取り入って大化改新で活躍したことに始まる。
 天智8年(669)に藤原姓を賜り、以後天皇の外戚ともなり、一族で朝廷の上層部を占有し続ける。奈良、平安はもちろんだが、明治以降も権力の中枢にいた。近衛、九条、一条、冷泉なども藤原一族である。氏神社として奈良に春日大社を造営し、平城京における神道祭祀をも独占した。
 中臣家は常陸鹿島の出自で、鹿島神宮が元々の氏神である。十握剣は大化改新で鎌足が用いた剣ではないかというまことしやかな説もあるが、まんざら根拠がない訳でもない。
 もしこの剣で、蘇我入鹿の首を刎ねたのであれば、ヤマタノオロチは蘇我入鹿、または蘇我氏という仮説も成り立つ。入鹿の血痕が検出できて、DNA鑑定できたらおもしろい。
 鎌足は大化改新で突然歴史の表舞台に登場するが、辺境の地・鹿島を中央につなげる糸が見当たらない。
 鹿島神宮の分祀による鹿島神社は全国で918社に上る。 
 鹿島神宮は、神社としてはきわめて珍しいことに真北を向いている。神社は通常風水によって「子坐午向」に造られる。したがって真南または真東を向いているもので、その理由が太陽信仰にあることは明白だ。神道に言うところの「八百万の神々」は、そこに根源がある。太陽がコアとなっていればこそ、いわゆる「自然崇拝」や「精霊信仰」が成立する。地上のすべての生きとし生けるものは太陽の恵みなくしては存立しない。だからアマテラスオオミカミは太陽神であり、神社の圧倒的多数がアマテラスを祀っている。
 しかも、神社のほとんどが本殿に神の依り代として「円形の鏡」を置いている。正円の鏡は、その形はもちろん、輝きという意味でも太陽を模している。つまり「アマテラス=鏡=太陽」という構図が成立するという訳だ。
 しかし「北向きの神社」はきわめて少数だ。全国に八万社以上ある神社の中でおそらく百社に満たないのではないだろうか。……(以下、略)」(『日本風水』木戸出版 より)

|

« 福島県よりの緊急アピール  首都圏のために福島県が壊滅する | トップページ | 小野さんの氏神 »

歴史」カテゴリの記事

氏神」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/51237840

この記事へのトラックバック一覧です: ★北向きの鹿島神宮は何を示唆するか:

« 福島県よりの緊急アピール  首都圏のために福島県が壊滅する | トップページ | 小野さんの氏神 »