« 怨霊神・物部守屋を祀る神社 | トップページ | 「大化の改新」の真相──ゆがめられた歴史を解読する »

2011年2月20日 (日)

斎藤さんの氏神

 芥川龍之介の小説『芋粥』は、かつては国語の教科書にも載っていたのでご存じのかたも少くないでしょう。
 主人公の貧乏公家に大量の芋粥を供するのは、敦賀の武人・藤原利仁です。彼は、鎮守府将軍までつとめた中世武人の代表的人物です。
 その利仁の嫡男に、藤原叙用という人がおりました。武人としては異例の起用で「斎宮頭(さいくうのかみ)」に任じられます。
 斎宮とは、「さいくう」「さいぐう」「いつきのみや」などとも読みますが、伊勢神宮の斎王のこと。神職とは別格で、未婚の皇女から選ばれ、古来祭祀の象徴的存在です。
 その役所が斎宮寮で、数百人規模から成り、祭祀全般を執りおこないます。斎宮頭とは、この斎宮寮の長官です。皇室にとってきわめて重要な役職であるところから、それまでは公卿から任ぜられるのが慣例でした。
 叙用は、この役職を誉れとして、「斎宮の藤原」略して「斎藤」と名乗ったのが始まりです。つまり、この人こそは、全国の斎藤さんのご先祖様ということですね。
 由来が「斎宮」ですから、「さいとう」という読み方をする苗字は、どのような異字であっても、元は「斎藤」ということになります。
 異字には、斉藤、齋藤、齊藤、才藤、済藤、西東、西塔、西頭、西藤、斎当、犀藤、薺籐、財藤、斉当、斎東、齋東、再東など多種ありますが、その表記の種別によって分家などの由来を表しています。
 もっとも、利仁将軍の武名にあやかって、血縁はないものの「さいとう」を名乗った人も各地にいたとのこと。その中には、「遠慮して」略字や異字を用いた人もいたとは当然考えられます。
 その斎藤さんの氏神は、菅生石部神社(すごういそべじんじゃ 石川県)です。(以下、詳細は略)
(『氏神事典』河出書房新社 より)

|

« 怨霊神・物部守屋を祀る神社 | トップページ | 「大化の改新」の真相──ゆがめられた歴史を解読する »

歴史」カテゴリの記事

氏神」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/50920362

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤さんの氏神:

« 怨霊神・物部守屋を祀る神社 | トップページ | 「大化の改新」の真相──ゆがめられた歴史を解読する »