« 氏神は3つ?! | トップページ | 天守閣と記さず、天の主の天主閣とした信長… »

2011年2月 6日 (日)

築城術に才能を発揮した明智光秀

 数々の城を手掛けて築城の名手といわれる光秀にして、坂本城はその最高の精華となるものであった。
 宣教師ルイス・フロイスが「安土城に次いで美しい」と讃えたほどに美麗を極めた造形で、とくに琵琶湖にせり出した水城という形式は南蛮好みであったに違いない。
 フロイスはその著『日本史』の中で、キリスト教に好意的な人物については褒め称え、否定的な人物については悪意に満ちた書き方で録しているが、光秀についてはひときわ悪逆非道な描写である。彼ら宣教師に対してよほど苛烈な対応であったのだろうと容易に想像できる。しかしそのフロイスが同一の報告書の中で坂本城を讃えているのだから、よほどの感動であったに違いない。            
(『天眼…光秀風水奇譚』河出書房新社 より)

|

« 氏神は3つ?! | トップページ | 天守閣と記さず、天の主の天主閣とした信長… »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/50789899

この記事へのトラックバック一覧です: 築城術に才能を発揮した明智光秀:

« 氏神は3つ?! | トップページ | 天守閣と記さず、天の主の天主閣とした信長… »