« 日本の「最も古い歴史書」とは? | トップページ | 築城術に才能を発揮した明智光秀 »

2011年1月28日 (金)

氏神は3つ?!

「転居すると氏神は変わるのですか?」──そういう問い合わせを数件いただきました。
皆さん、神社本庁や各地の神社庁に問い合わせて「現住所をもとに」氏神を教えていただいているようです。ただ、それが当人の「氏」の神であるということに完全な納得は行っていないようですね。
引っ越すだけで氏神が変わってしまうということに「?」のようです。

古くは氏神は「氏族の神」のみでしたが、現在では氏神は3種類あります。

氏神の類型
①地域社会の氏神──氏子区域内のすべての住民が「氏子」として祭礼に奉仕・参加するもので、地縁氏神といいます。氏子の代表者は氏子総代と称し、神社の祭礼などにおいては中心となります。
②一家の氏神──一家とは血縁による同族・一族・一門などとも呼ばれるつながり。その血縁者のみが祀るもので、血縁氏神・同族神などともいいます。
③屋敷の氏神──個人の家の屋敷内に祭るもの。家の氏神・屋敷神などともいいます。

神社本庁は地域をベースにした管理体制を基準にしていますので、①を指導するようにしているのでしょう。
また、②や③はなかなか調べにくいものなので、本庁は関与しないようにしているのでしょう。

正確には、「氏族の元々の氏神は永遠に変わりませんが、地域=氏子区域の氏神はその時の居住地の神になる」ということです。
たとえば、源氏の血をひくあなたが現在は東京都文京区根津に住んでいるとすれば、氏族の氏神は鶴岡八幡宮で、地域=氏子区域の氏神は根津神社になります。

また、産まれた土地の神のことを産土(うぶすな)神と呼んでおり、その人の一生を守護する神です。「産土」と表記するように、「うまれた土地」に由来する神です。そのため、初宮詣を産土詣りと呼ぶこともあります。
他の地域へ転居すると、転居先の氏神の氏子となりますが、産土神は転居と無関係で、生涯変わることがありません。
なお、その人が生まれたその土地の神を産土神とも呼ぶとともに、単純に「その土地の神」をも産土神と呼びます。
つまり元々の産土神は生涯変わることはなく、元々の氏族の氏神も生涯変わることはなく、居住区域=氏子区域の氏神だけが転居によって変わります。

ひとによって、これらの三神がすべて異なるひともいれば、すべて一緒のひともいるということです。

ちなみに私は、三神すべて異なります。
産土神は宗像神社で、氏族の氏神は金鑽神社で、地域の氏神は天祖神社です(一般のひとには無縁ですが、神職としての奉職神社はまた別になります)。

古代には多くの人が、氏族の氏神を産土神として生まれて、生涯その氏子区域から出ることなく暮らしていたのが普通だったのでしょうね。なんとうらやましくも平和な一生なのでしょう!

(参考『氏神事典』河出書房新社)

|

« 日本の「最も古い歴史書」とは? | トップページ | 築城術に才能を発揮した明智光秀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

氏神」カテゴリの記事

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/44529182

この記事へのトラックバック一覧です: 氏神は3つ?!:

« 日本の「最も古い歴史書」とは? | トップページ | 築城術に才能を発揮した明智光秀 »