« 吉田健一「本のこと」生原稿 | トップページ | 鈴木さんの氏神 »

2010年11月 3日 (水)

私の好きな神社ベスト10 

第1位 瀧原宮(滝原宮たきはらのみや)

三重県度会郡大紀町滝原。伊勢神宮内宮(皇大神宮)の元宮。広大な原生林の森の中に鎮座。これこそが「神寂びた鎮守の森」。巨木の間を縫うように進む参道、境内に流れる小川で手水を使う。厚い原生林が一切の世俗の音を遮る。これぞ、神の住まうところ。

第2位 神倉神社 (かみくらじんじゃ)

和歌山県新宮市。中上健次の作品で有名になった「火祭り」は、夜間ここの石段538段を、大勢の男達が松明を持って一気に駆け下りるという勇壮なもの。山頂に巨岩ゴトビキ岩が鎮座。熊野速玉大社の元宮です。神道の原点。

第3位 鵜戸神宮(うどじんぐう)

宮崎県日南市。日向灘に直面した断崖の岩窟に本殿が鎮座。海人族(あまぞく)の海神信仰の拠点。台風コースにあるが、むろんびくともしない。ぜひ夏の台風直撃の時にお訪ねください。地球の脈動を体感できます。

第4位 諏訪大社前宮(すわたいしゃまえみや)

長野県茅野市。御神体は巨岩。依り坐す神をミシャグジ神という。諏訪大社は上社2・下社2の四社からなるが、「前宮」のみは諏訪市外に。かつては本宮の御神体となる大祝(おおほうり)の居所。上社神事はすべてここでおこなわれる特別な聖地。

第5位 薦神社(こもじんじゃ)

大分県中津市。傍らに広がる池を御神体としている(公式には池を内宮、社殿を外宮)。宇佐神宮の祖宮。神宮の薦刈神事はこの池の真薦による。晴れた日に池の北側畔に座ってくつろいでください。すばらしいものが見えますよ。

第6位 神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県松江市。国宝の社殿は一見の価値あり。とくに内壁画の八重雲はすばらしい。出雲大社の元宮ともされる。

第7位 檜原神社(ひばらじんじゃ)

社殿も拝殿もなく、建築物は鳥居のみ、という神社です。三輪山の麓にあり、三輪の街が一望できます。ここに立つと、三輪山の懐に抱かれたような感じになります。

第8位 月山神社(がっさんじんじゃ)

山形県庄内町。月山山頂(標高 1,984m)に鎮座。祭神は月山神(月読命は後世の習合)。ぜひ登山してください。芭蕉が参拝して詠んだ一句「雲の峯 いくつ崩れて 月の山」。

第9位 素鵞社(そがのやしろ)

島根県出雲市。出雲大社の真後ろにひっそりと鎮座。祭神のスサノヲが大社のオオクニヌシを見守っています。いわゆる「出雲屋敷」の風習も発祥はこちら。大社の祖宮です。どうぞぐるりと巡ってぜひ参拝を。

第10位 狹井神社(さいじんじゃ)

三輪山への登り口が境内にある。また、拝殿すぐ脇の薬井戸は古来より霊泉が湧く。三輪山の湧き水だ。だれでも汲めるので、ぜひ呑んでみてほしい。これぞ本当の「三輪水」です。

番外編。大斎原(おおゆのはら)

和歌山県田辺市。熊野本宮大社の麓、吉野川の中州にあります。本宮の旧社地。幾たびか社殿が流されたと記録に。この地に横になって、大地と大気をぜひ体感してほしい。

番外編2。山宮浅間神社(やまみやせんげんじんじゃ)

静岡県富士宮市山宮。富士山本宮浅間神社の元宮。富士信仰発祥地。祭祀遺跡であって、建築物はとくにありません。しかし「気」があります。富士大神降臨地。一般のかたにはちょっとこわいかもしれません。

|

« 吉田健一「本のこと」生原稿 | トップページ | 鈴木さんの氏神 »

神社・神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/49923493

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな神社ベスト10 :

« 吉田健一「本のこと」生原稿 | トップページ | 鈴木さんの氏神 »