« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

謝罪と賠償だって?

これは、誰が招いた結果なのか、よ~く考えてみよう。

日本および日本人にとって、これほどの侮辱はない。

……しかし弱点を実にうまく突いてくるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

追伸 ヒルコのイメージ「蛭」という誤りを正しています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の新刊 『ヒルコ 棄てられた謎の神』 本日発売です!

Hiruko

河出書房新社から本日発売です!

日本建国神話の謎解きです。

図書館でもいいですから、どうぞお目通しを。そして、本ブログのコメントでご意見ご批判、受け付けてます!

【目次】
第一章 海に遺棄された神・ヒルコの謎──漂着神話に由来するエビスと隼人
第二章 太陽の化神・オオヒルメの謎──海人(あま)族が奉戴した八幡神の母
第三章 丹をつかさどる神・ワカヒルメの謎──銅鐸は紀氏一族の祭器か
第四章 北極星となった神・アメノミナカヌシの謎──呉太伯伝説は海を越えて
第五章 現人神(あらひとがみ)・スサノヲの謎──渡来神話が示す歴史的事実

★内容紹介(河出書房新社HPより)
ヒルコは、イザナギ・イザナミの最初の子でありながら、葦舟に乗せて棄てられた神である。神武以前の建国神話の鍵を握るヒルコとは誰だったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

「月」の小説を書いている。

「月」がテーマの長編小説を書いている。
現在約600枚(400字詰め原稿用紙換算)。
元になっているのは、十年ほど前にさる大手出版社から書き下ろし依頼されて書いたけれど、
天皇、皇居、三種神器について書き込んでいたために取締役会で出版禁止になってしまった原稿だ。
なんとか陽の目を見させたいと改稿・加筆をおこなって“変身”を図っているが…。
古代と現代と近未来をリンクさせる伝奇ミステリーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

領海侵犯だろう?

中国漁船、もう返還か。ひどいもんだ。
船員たちもチャーター機でご帰還あそばすとはね。
そもそも最初からおかしかった。
罪名が「公務執行妨害」だというのだから。
そうじゃないだろう。「領海侵犯」だろう!
最初から抜け道用意してたとしか思えない。
姑息な!
これが今の日本だ!おれたちの国は、なんて情けない国になってしまったんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »