« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

生活保護目的に入国?中国人32人に支給決定


 大阪市は29日、市内在住の日本人女性2人(78歳と76歳)の親族を名乗る中国人計48人が5月以降、次々に来日し、市に生活保護を申請していたことを明らかにした。
 市は「生活保護の受給を目的に入国した疑いがある」として、まだ保護費の支給を認めていない申請に対する対応を保留した。今後、大阪府警、法務省とも連携し、実態調査に乗り出す。
 市によると、日本人女性2人は、ともに同市西区在住で、中国から帰化したという。
 中国人48人には、子どもや高齢者も含まれ、いずれも2人の介護を目的として入国した。48人は5月6日~6月15日に在留資格を取得。外国人登録後3日~26日以内に西、港、大正などの5区に「仕事がなく、収入がない」として保護申請した。申請には、いずれも市内の同じ不動産業者が付き添っていたという。
 在留資格があって要保護状態にあれば、生活保護制度を準用できるとの国の通達に従い、市はすでに32人について保護費の支給を決定。しかし、特定女性の親族と称しての中国人の大量申請には不審点が多いことから、6月7日以降の決定を保留にした。不正請求と断定された場合、市は、すでに認めた32人の保護の取り消しを検討する。

最終更新:6月29日14時11分
読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000630-yom-soci

──みなさん、どう思います?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

国会議員は地域利益の代表者なのか?

小選挙区制のばかばかしいところは、選ばれる議員が、その選挙区の利益代表者になることだ。
なにしろ落選したら、終わりなのだ!
票が取れるように、地元選挙区の利益になるように動くしかないだろう。
こんな性質の議員がいくら集まったところで、国の政治に命がけで取り組めるはずがない。

だから国会議員は、すべて全国区にすればよい。
合同演説会、テレビ演説、インターネットで全国民に告知し、、
純粋に「国家・国民のために働く意欲と能力があるか」を判断して投票するのだ。
出身地も縁故も氏素性も関係ない。
政治家の求められるべき資質は、そんなこととは無関係なのだ!

──と、友人が力んでいた。傍らで私は、黙って空を見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

なんと馬鹿げた大騒ぎ

Ball


ボールを蹴る、それをゴールに入れる。
──これにどんな意味があるんだ?
高度な技術?
地面に穴を掘るだけだって、突き詰めれば様々な技術があるさ。
でも、だれも自慢しないだけだ。
技術の高さを言うのなら、サーカスのほうがはるかに高度じゃないか?
空中ブランコなんて、命賭けだよ。
ボールを蹴るのに、まさか命は賭かっていないだろう?
せいぜい捻挫するくらいのものだろう?
ばかばかしいだけのボール遊びに、なんで馬鹿騒ぎするのかね!
──と、私の友人が昨夜毒づいていた。私は黙って盃を傾けるばかりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

歯医者の椅子はおかしくないか?

「歯医者でのどに脱脂綿つまらせ2歳児死亡」というニュース。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000578-san-soci

きっといつかこういう事故が起こるだろうと思っていた。
歯医者の椅子に仰向けに寝かされて治療を受けるのは、変だろう。
唾液や薬品が喉の奥へ絶え間なく流れ込んで苦しいに決まっている。
私も治療中に咳き込んだのは一度や二度ではない。

歯の治療をするには、さまざまなものを口に入れる。
ピンセットでつまんでいて、ぽろりと落とすこともたまにはある。
一度などは、虫歯治療の痕に詰める金属の塊を、医師がぽろりと落として、
私はごくりと飲み込んでしまった。
医師のあわてぶりは尋常ではなかった。
すぐに近くの総合病院に連絡し、救急でレントゲン撮影。
歯科医は、どうやら私の気管に吸い込まれていないか恐れていたようだ。
その場合は、外科手術が必要になる。
さいわい私の場合は胃の中に落ちていた。

しかし、このような事故が想定されるのに、どうして歯科治療椅子はあんなに仰向けなんだ?

理由は、ただ一つ。
歯科医が治療しやすいからだ!
なんという怠慢!
患者本位ではなく、医者本位の椅子なのだ。
だから私は歯科診療が苦手だ。

昔はこんな体勢ではなかった。
少し斜めにはなるが、歯科医がかがんで治療していた。
その頃は、とても楽だった。
今は、歯科診療は苦しい。長引くと、ちょっした拷問だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

漢籍入門には最良のテキスト(136夜)

Shiki


史記の訳書は数多いが、原文にはなかなかお目にかかれない。
本シリーズで初めて「列伝」を読んで、以後はいろいろとお世話になっている。
明治書院の「新釈漢文大系」は実に全119巻!
昭和35年の「論語」から始まって、現在も刊行中だ(あと少し)!
これはあらゆる漢籍を原文と書き下し文と訳文と語注とを克明に併記したもので、
日本の文化史にあっても偉大な出版物である。
日本人が日本語で漢籍を勉強しようとしたら、この資料以上のものはないだろう。
おそらくこれを超えるものも、今後百年は出ないに違いない(永遠かも?)。
漢文が読めなくても、この本であればじゅうぶんに理解できると思う。

私は現在手元資料として、本巻「世家上」を読み込んでいるが、
値段の高いのがこのシリーズの唯一の欠点だ。
普及版を出してくれたら、ぜひセットで購入したいと思うのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »