« HPにファビコン設置しました | トップページ | 漢籍入門には最良のテキスト(136夜) »

2010年5月19日 (水)

銘酒「白扇」(134夜)

30hakusen

埼玉県寄居町の酒蔵・藤崎総兵衛商店のお酒です。
「はくせん」と読む。
名水百選の日本水(やまとみず)で仕込んでいるというけれど、どうだろう?
少なくとも私が子供の頃は荒川から水を汲み上げて仕込んでいたと思う。
その汲み上げ口は地元の子供はたいてい知っていた。
なにしろその周りが遊び場だったから。
すずめのみや公園のポンポン山と言っていた。
近くに森永牛乳の工場ができて、同じように荒川の水と地下水で牛乳生産しようとしたけれど、
水が牛乳に向いていないということで結局閉鎖したと聞かされた。
上流が秩父なので、石灰質が多く含まれているのだということだった。
酒は硬水が向いているが、牛乳は軟水でないとだめらしい。

初めて「白扇」を口にしてから、かれこれ40年近くになるが、
しみじみ「うまい」と思うようになったのは数年前だ。
それも吟醸などではなく、いわゆる普通酒の燗酒が気に入っている。
写真のラベルは、昔からある本醸造のレギュラー(上撰)です。
近年は吟醸をはじめいろいろ新商品が出されているが、
どれもこれも残念ながらイマイチで、結局これに戻ってしまう。

ただ、誰にでも「うまい」と思えるのかどうかはわからない。
私はこの土地の水で育ったので、この水が身体に合っているのだと思う。
いまさら地産地消をどうこう言うつもりもないけれど、
生まれ育った土地の水は、いつになっても身体に馴染みやすいことは確かだろう。
水は、基本だ。
そして酒は、二番目に基本だよね!

|

« HPにファビコン設置しました | トップページ | 漢籍入門には最良のテキスト(136夜) »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/48398818

この記事へのトラックバック一覧です: 銘酒「白扇」(134夜):

« HPにファビコン設置しました | トップページ | 漢籍入門には最良のテキスト(136夜) »