« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

中田英寿クン、今度は日本で「旅人」だって?!(101夜)

「ヒデ今度は日本で旅人に 全国行脚プラン──サッカー元日本代表MF中田英寿氏(32)が、今度は日本で旅人になる。24日、国土交通省観光庁で行われた会議に出席後、今後の自身の活動について「沖縄から北海道まで、車で旅してみようかな」と、全国行脚プランを明かした。06年ドイツW杯で現役を引退後、中田氏は2年半をかけて海外を旅した。「世界を回って、日本がどれだけいい国かを実感した。地域の人との交流によって、いいものや伝統を学んでいけるといい。ポイントは生きた情報」。映像を撮りながら、ウェブを中心に情報を発信していくという。(4月25日9時41分配信 デイリースポーツ)」

──だそうですが、いりませんよね、こういう人は。もう日本に帰ってこなくていいから、行ったっきりになってほしいものだ。日本人が、きみになにか期待していると勘違いしているんじゃないか? ボール蹴るのがちょっとばかりうまいだけの男に、いったいどんな能力があるというのか。「サッカーをやめた中田英寿」に、「何か別の新たな大きな価値」があるとでも思っているのか。

と、言い募る友人をなだめるのに、昨夜は苦労しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

あなたの祖先を祀る神社(100夜)

それが氏神神社です。
現代においては「地縁の氏神」と、「血縁の氏神」がありますが、
本来の氏神は「血縁の氏神」のこと。
あなたの祖先が神として祀られている神社です(あなたの祖先が祭神として鎮座している神社)。

そして、あなたの祖先神は『新撰姓氏録』(815年編纂)に録されています。
現在の日本人の源流となっている氏族1182氏を収録し、その祖先神=氏神を明記しています。

あなたの血統がどの氏族なのか、そしてその氏神がどこの神社に祀られているのか、──それは拙著『氏神事典 あなたの神さま・あなたの神社』(河出書房新社)で、どうぞ(掲載は100氏のみ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

「氏神」とは何か?(再録/99夜)

氏神とは、読んで字の如し、「氏の神」ですから、本来的には「氏族一族の祖先神・守護神」のことです。

たとえば藤原氏を例に採ると、祖先神は天兒屋根命(アメノコヤネノミコト)と比賣神(ヒメガミ)、守護神は武甕槌命(タケミカヅチノミコト)と經津主命(フツヌシノミコト)です。これら四神が氏神であり、それらの四神を祀った神社である春日大社が氏神社ということです。   

ところが時代がくだるにつれて、その土地を守る産土神や鎮守神と氏神とが混同されるようになりました。
現在一般に、「氏神/氏子」と言っているのは、正しくは「地域の産土神」もしくは「地域の鎮守神」のことであり、その氏子とは「祭りに参加する地域住民」のことです。地縁でつながる人々と地縁の神であり、血縁ではありません。
つまり、本来の意味での「氏神/氏子」ではないということになります。
個人的な見解としては、地縁氏神については他の言葉を使うべきであると考えています。

これらの「地域の産土・鎮守神」が、そのまま氏神になっている人もいますが、現実的には少数です。
たとえば、奈良市春日野町に居住している藤原さんという人がいるなら、地域の鎮守神である春日大社がそのまま氏神でもあります。
しかしそういう人は少数でしょう。

したがって、あなたの本来の氏神は、自分の血統がどの氏族の流れを汲んでいるのかで判明します。
古い由緒をもつ氏族であれば、『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』で祖先神を確認することができます。『新撰姓氏録』とは815年に編纂された古代氏族名鑑で、現在の日本人の源流となっている氏族1182氏が収録されており、その祖先・祖神を明記しています。
──それが、氏の神、です。(この項、問い合わせが多いため再録)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

あなたの氏神、教えます。(98夜)

2009ujigami

『氏神事典 あなたの神さま・あなたの神社』 戸矢学著 河出書房新社 1200円

本日発売です!

誰も教えてくれない「あなたの氏神」──本書だけが教えます。
とくに人口の多い苗字などから100氏を採り上げて、氏神とその神社を紹介。
佐藤さん、鈴木さん、田中さん、渡辺さん、──そして皆さん、

きょうからは“あなたの神社”へお詣りしましょう!

アマゾンや全国各書店などで、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

地球は震えている・続(97夜)

5
M 5.0, Tonga region
M 5.8, Kyushu, Japan
M 5.6, Chagos Archipelago region
M 5.4, Timor region

6
M 6.3, central Italy
M 5.9, Tonga region

──イタリアは大災害になってしまったようです。都市部で起きるとどうしても被害は大きくなってしまいます。すばやい救済と復旧を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

地球は、ふるえている!──1週間の地震記録/M5以上(96夜)

The_earthhayabusa 30日
M5.4, Kodiak Island region, Alaska
M 5.5, Kodiak Island region, Alaska
M 5.7, Andreanof Islands, Aleutian Islands, Alaska
M 5.8, Andreanof Islands, Aleutian Islands, Alaska

31日
M 5.1, near the north coast of Papua, Indonesia
M 5.0, Bougainville region, Papua New Guinea
M 5.2, Kepulauan Talaud, Indonesia
M 5.4, Pagan region, Northern Mariana Islands

1日
M 5.0, western Xizang
M 6.3, near the north coast of New Guinea, Papua New Guinea
M 5.5, southwest of Sumatra, Indonesia
M 5.1, Kepulauan Mentawai region, Indonesia

2日
M 5.1, near the north coast of New Guinea, Papua New Guinea

3日
M 5.0, Tonga region
M 5.2, South Sandwich Islands region
M 5.5, Kepulauan Tanimbar, Indonesia
M 5.4, Kermadec Islands region
M 5.6, Catamarca, Argentina

4日
M 6.3, Philippine Islands region
M 5.3, Balleny Islands region
M 5.2, Tonga region
M 5.4, South Sandwich Islands region

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

佐藤綾里サンに期待しよう!(95夜)

Oogui 私はめったにTVは観ないのだが(ニュースとドキュメンタリーは別)、
唯一の例外が「大食い番組」だ。
子供の頃には小食で偏食でガリガリに痩せていたのだが、
他人がもりもり食べるのを見るのは当時から好きだった。
ある日、「大食い選手権」なる番組を偶然観たとき、
私のカタルシスはおおいに昇華されることに気が付いた!

以来、数々の大食いスターを贔屓にしてきたが、
久々に“期待の星”が現れた。
佐藤綾里は、長身の美女である。
それも、かなりの美形である。

大食いは、「ギャップ」がおもしろい。
小柄でやせっぽちのギャル曽根が、
マッチョの大男たちをしのぐ勢いでかぱかぱと呑み込んでゆく様は奇妙な快感をもたらしてくれる。
これこそは現代の都市型カタルシスなのだ。

しかしギャル曽根は、残念ながら美人とは言えない。
ちょっとした表情などかわいいところもあるのだが、
タレント活動するうちに退屈な女であることがばれてしまった。
そしてなにより、大食いのトップでなくなったのは致命的だ。

佐藤綾里は、カタギにしておくのは惜しいほどの美形である。
それがカレーライス3キロをあっという間に平らげるというギャップ!
強力な顎、丈夫な歯!
ただ一人、最後までオージービーフを食い千切り続けたのはすばらしい!
肉を食いちぎるその顔は、エロティックでさえあった。
彼女は、私のアイドルだったギャル曽根の時代が完全に終わったことを知らしめる逸材だ。

佐藤綾里は確かに美人だが、本人曰く「ドジ」で「就活中」の三十女である。
ようするに、オフィスではきっと使い物にならないボンクラで、
大めし喰らいの年増の大女(おおおんな)なのだ。

佐藤綾里サン、あなたは他に生きる道はありません。
どうぞ、大食いの世界でスターになってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »