« 「弥榮」は「いやさか」と読みます | トップページ | 馬車は、いかが? »

2009年1月19日 (月)

TVの影響力

Onmyoudoutowa 年末・年始、TVに出たが、いまさらながらTVの影響力の大きさに驚嘆。番組の中で拙著『陰陽道とは何か』が一瞬紹介された。すると、その夜からAmazonの売り上げ順位がどんどん上がり、前日20000位あたりでうろうろしていたのだが、なんと77位に急上昇。初めてベスト100位に入る。その後、10日間ほどは三桁で推移したが、それにしても特定のジャンルではなく、Amazonの全書籍の中でのランキングなのだから、TVの影響力は絶大だ。

本書は、ネットでは結構採り上げられているので、これまでもそれなりの反響は認識している。いわゆる「ロングセラー」の範疇に入るものだろう。そういう傾向の本でも、TVで紹介されると瞬間風速を経験するということなのだ。より多くの人に読んで欲しいというのが、著者たる者の変わらぬ願いなのだから、TVに感謝。いつも批判ばかりしていますが──。

http://www.toyac.com/sub11.html

|

« 「弥榮」は「いやさか」と読みます | トップページ | 馬車は、いかが? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/43787538

この記事へのトラックバック一覧です: TVの影響力:

« 「弥榮」は「いやさか」と読みます | トップページ | 馬車は、いかが? »