« 73夜 書評に感謝 | トップページ | 美空ひばりって、歌、ヘタだよね? »

2008年9月13日 (土)

74夜 火中の栗を拾うのが男ってもんだろう、星野サン?

星野仙一が自身のブログでこんなことを言っている。
今、火ダルマになっているおれがなんでまた『火中の栗』を拾うようなことをするのか
ようするにWBCの監督を引き受けるつもりはないということなのだが、
言うにことかいて「火中の栗を拾うようなことはしない」とは、唖然呆然。
「男気」を売り物にしてきた人物とは思えない言いぐさだ。
「火中の栗」を敢えて拾うのが「男」というものだろう。
男気」とは、そういうことをこそ言うのだよ、星野サン。

星野が投げて中日がリーグ優勝したあの年以来、
あなたのファンでしたが、本日をもってサヨナラです。
どうした、男・星野! その名が、泣いてるぞ。
星野仙一の“カリスマ性”は幻影にすぎなかったのだ。無念!

|

« 73夜 書評に感謝 | トップページ | 美空ひばりって、歌、ヘタだよね? »

戸矢の意見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/42462987

この記事へのトラックバック一覧です: 74夜 火中の栗を拾うのが男ってもんだろう、星野サン?:

« 73夜 書評に感謝 | トップページ | 美空ひばりって、歌、ヘタだよね? »