« 61夜「原油価格を引き上げている投機筋とはオイルマネーだ!」 | トップページ | 63夜 「メジャーリーガーはそんなに偉いのか?」 »

2008年7月 3日 (木)

62夜 少子化問題の解決策は「移民」受け入れか!

静岡の自動車工場も、東北地方の田畑も、銚子の近海漁船も、いまや外国人労働者で成り立っている
この傾向は、今後さらに強力に押し進めて行かないと、日本のそれらの産業は崩壊してしまう。
もはや、日本人みずからの手で支えることができるなどとは、誰も思っていないだろう。

かつてイギリスもフランスも労働人口の減少に苦悩した。
そして選んだ道が「移民」の受け入れ緩和であった。
東南アジアやアフリカ、インド、中国などから「低賃金労働力を輸入」して、英仏は近代社会の維持を図ったのだ。
その結果、何が起きたか?

まだ記憶に新しい、ワールドカップ・サッカーのフランス代表チームを思い浮かべよう。
メンバーの顔ぶれに、白人が一人しかいなかった
これを見て、さすがにフランス人からも「これがフランス代表チームなのか?」という非難とも嘆声ともとれる発言があったが、移民政策とはこういう結果をも受け入れるということなのだ。
パリジェンヌ、パリジャンのイメージも一変する。アフリカ系パリジェンヌ、ベトナム系パリジャンがシャンゼリゼ通りを闊歩するのだ

しかし彼らこそは「救世主」であったのだということを忘れてはならない。
彼らに頼ったことで、文明は維持されたのだ

日本も、いま目の前にそれと同じ現実を突きつけられている。
勤労意欲を喪失した日本人が、さらにそれを加速している。

坐して滅亡を待つか、それともアイデンティティを放棄するか?
──さあ、あなたなら、どっちを選ぶ? 戸矢学

|

« 61夜「原油価格を引き上げている投機筋とはオイルマネーだ!」 | トップページ | 63夜 「メジャーリーガーはそんなに偉いのか?」 »

戸矢の意見」カテゴリの記事

コメント

個性と可能性と言うマジック言語に、棲み分けの自覚を失った教育怪獣XXゴンに育てられ、物作り国家の文化が失われ、鶏頭でも龍尾教育が消えうせたのだろう。

百姓は暦無しに種まきの時期を知り、漁師は天気予報無しにしけを知る。有形加工職人は計器無しに精度の高い物を作り上げる。これには時間と経験が必要になる。

子々孫々と受け継がれた制度が有ってこそ受け継がれて行くのだが、ハッピーライフとか言う怠け者根性ナイズ思考が少子化に拍車を掛けたと考えられる。

英国以上にピュアな血筋を重んじる我が国には伝統も誇りも無くなったと理解するしかないのではないか?と最近思う。

戸矢氏のコーナーで自論を吠えさせて頂き感謝いたします。

投稿: 蜻蛉 | 2008年7月 4日 (金) 09時08分

手始めに、日系ブラジル人の移民を受け入れるのが良いように思っています。
小野田寛郎さんが「良き日本、大和魂は、もはやブラジルにしか残っていない」とかつて語っていました。日本人が日本人とは何かを思い出すための刺激になるかと。

投稿: 戸矢学 | 2008年7月 4日 (金) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/41723667

この記事へのトラックバック一覧です: 62夜 少子化問題の解決策は「移民」受け入れか!:

« 61夜「原油価格を引き上げている投機筋とはオイルマネーだ!」 | トップページ | 63夜 「メジャーリーガーはそんなに偉いのか?」 »