«  『神と自然の景観論 信仰環境を読む』 | トップページ | 49夜ブック・レビュー 『図説子どもに伝えたい日本人のしきたり』 三橋 健 著 »

2008年5月20日 (火)

48夜ブック・レビュー『図説あらすじで読む日本の神様 』 三橋 健

図説あらすじで読む日本の神様

「八百万の神々」へのガイドブック決定版

日本の神様を総称して「八百万(やおよろず)の神々」というが、実際に「八百万(はっぴゃくまん)」もの数でないことはもちろんで、それは「多数」という意味である。
古典中の古典『古事記』に登場する神様で321柱!(知ってましたか?)
──こういう基本的な疑問に、すべて平明に答えてくれるのが本書の特徴だ。
説明用の図解や写真も豊富だが、最大の特徴はそれぞれの神様の紹介にあたって、その姿の画像か彫像を必ず見せてくれるところだろう。
神話のクライマックス・シーンや、神様の霊験をあらわすスタイルなど、いずれもなかなか興味深い。
そのおかげで、ある種の親しみが湧くことはもちろんだが、神様の事績を理解認識するのにたいへん役に立つ。
漠然と観念的にしか認識していなかった「日本の神様」が、
本書を一読した後は、それぞれの個性が具体的に際立って、強く印象に残るのだ。
望むべくは、本書は「主な神様」に限定しているので、ぜひ続編にも期待したいところだろう。
最近、このテーマの類書が続々と刊行されているが、これこそ「決定版」と思われる。 

図説あらすじで読む日本の神様

図説あらすじで読む日本の神様

|

«  『神と自然の景観論 信仰環境を読む』 | トップページ | 49夜ブック・レビュー 『図説子どもに伝えたい日本人のしきたり』 三橋 健 著 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/41592352

この記事へのトラックバック一覧です: 48夜ブック・レビュー『図説あらすじで読む日本の神様 』 三橋 健:

«  『神と自然の景観論 信仰環境を読む』 | トップページ | 49夜ブック・レビュー 『図説子どもに伝えたい日本人のしきたり』 三橋 健 著 »