« 5夜ショート・ショート 「歩く人」 | トップページ | お知らせ »

2008年4月19日 (土)

33夜ブック・レビュー 『神々の山嶺(いただき) (1) 』 集英社文庫―コミック版

神々の山嶺(いただき) (1)  集英社文庫―コミック版

原作をはるかに超越する感動の書!
                  

原作ではすっきりしない部分もあったのだが、さすがは谷口ジロー。補って余りある感動の書となっている。
谷口ジローの作品は、もともと映像的なのだが、このテーマを得てフル・スロットルになった感がある。
長谷川恒男その他の実在の人たちを思い出しながら、山へ行く、というのは、ここまでくれば人生を賭ける価値があるのだと、あらためて感じ入った次第。歴史に残る名作でしょうね。
全五巻一括で買ってから読むのがおすすめ。途中でやめられません!

神々の山嶺(いただき) (1) (集英社文庫―コミック版 (た66-1))

著者:夢枕 獏,谷口 ジロー

神々の山嶺(いただき) (1) (集英社文庫―コミック版 (た66-1))

|

« 5夜ショート・ショート 「歩く人」 | トップページ | お知らせ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/41592323

この記事へのトラックバック一覧です: 33夜ブック・レビュー 『神々の山嶺(いただき) (1) 』 集英社文庫―コミック版:

« 5夜ショート・ショート 「歩く人」 | トップページ | お知らせ »