« 追悼・芳賀康行君 | トップページ | 新年 いやさか »

2007年12月20日 (木)

本 『篦棒な人々』河出文庫

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 [河出文庫 た24-1] (河出文庫 た 24-1)

買ったきっかけ:川内康範氏のあれこれを調べていて、本書の紹介に到達。

感想:歴史に残る「偉大なる雑書」──インタビューの醍醐味を堪能

おすすめポイント:
「要するに僕は煽動を楽しんでいる」──こんな科白を引き出すインタビューに、敬意を払わずにおられようか!
これは、“四大奇人”の一人、康芳夫氏のひとことだが、彼の経歴を存分に知悉した上で読むと凄みさえ感じる。
サブカルチャーという言葉は、あまり好きではないのだが、康芳夫氏や川内康範氏がサブカルチャーの旗手だというならば、われらもサブカルチャーの旗の下に馳せ参じよう、と思わずにいられない。──それだけの「煽動」する力が、本書にはある。こんな淡々とした煽動もあるのだと、談話の魔力に引き込まれる。
強面(こわもて)で知られた川内康範氏が、繰り返し著者に名前で語りかける。「竹熊さん」と。──これが、いい!
もちろん、本書の全編に満ちている濃厚な「物語」は、そんじょそこらの三文小説が束になっても太刀打ちできないほどのものだが、それだけならば他で知ることができないものでもない。しかし著者のインタビュー原稿の神髄は、その節々にある。
ずけりと踏み込む、その姿勢は、苦笑しながら構えを解いてゆくという“奇人”の語りのプロセスをくっきりと読み取らせる。このあたりが、本書の最大の魅力だろう。
──それにつけても、たった四人ではもの足りない。ぜひ、続篇をインタビュー&刊行していただきたい。それだけの「人々」がいるだろうし、なにしろもっと、読みたい!

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 [河出文庫 た24-1] (河出文庫 た 24-1)

著者:竹熊 健太郎

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 [河出文庫 た24-1] (河出文庫 た 24-1)

|

« 追悼・芳賀康行君 | トップページ | 新年 いやさか »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517692/41592298

この記事へのトラックバック一覧です: 本 『篦棒な人々』河出文庫:

« 追悼・芳賀康行君 | トップページ | 新年 いやさか »