2018年4月17日 (火)

名を惜しめ。

動物の数え方。 牛豚などは一頭、鳥は一羽、魚は一尾。 食べられずに残る部位を単位...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

相撲は芸能であって神事ではない。

そもそも相撲は芸能であって神事ではない。 横綱土俵入りなどというものは 江戸時代...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

日本人の幸福は大家族主義にあり。と、思う。

Sagatakaoookusu

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

『まんが古事記』 9刷出来!

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

同業者とは交流しない

Hawaii028

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

欲望が消えてゆく

Ise0841

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

書評やレビューの基本姿勢について

書評するひとは、姿勢はワインのソムリエと同じなのだろうと思います。 ソムリエは、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

森に住むのは神か魔物か?

ヨーロッパでは、森は魔物が住む所であって、迷い込むと危険であると考える。

 

そして大自然は、人間にとって征服すべきものであるという。

 

 

 

しかし日本人にとっては、森は神が降臨し、依り在(ま)す所であり、様々な恵みをもたらすと考える。

 

だから大自然は、日本人にとって共存すべきものである。

 

 

 

──この価値観の対比は、以前から承知していた。

 

ところが、隣国の韓国・中国も、どうやらヨーロッパと同様の価値観であるようだ。

 

 

 

呉善花拓殖大学教授の講演「外から見る日本文化」のなかの発言で再認識した。

 

「韓国は儒教がイデオロギーになっている。『万物の頂点に人間がいる。自然は人間が支配する。万物は人間のためにつくられた。人間のみが神がつくった。』という考え。キリスト教と似ている。」(「四宮政治文化研究所 」より抜粋)

 

 

 

──そうか、だから彼らは木を伐ることに躊躇しないのだ。

 

なんと傲慢な思想だろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

もうすぐ春。やっと生きた心地がする。

Haru_diet02

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

きみは骨壺に入りたいか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E5%A3%BA

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

大雪から一夜明けて。

Kimg1239

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

わが家の玄関がお正月仕様になりました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

陰極まって陽生ず

冬至とは、冬の最後の日。明日から春です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

「おすすめ文庫王国」ノンフィクション部門1位に『三種の神器』

511uowqu4l_sx349_bo1204203200_

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

新しいフライパンを買わなければ。どれがいいんだろう?

迷うな~

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本日発売 『南方熊楠』に「神社合祀と熊楠」書いてます。